Torrentとは
    データの配信はコストが高い
    Torrentは、低コストでデータは配信を可能にした
Torrentを違法なファイル共有ソフトという認識をもたれてい るかも知れません。しかし、それは間違いです。 Torrent は違 法な利用を助長するような機能は含まれていません。たとえ ば、Torrent には匿名性はほとんどありません。 また、Torrent クライアントはネットワークから特定のファイルを探し出し共 有する機能を持っていません。
つまり、 Torrent クライアントを利用してデータをダウンロー ドする事は、Webブラウザーを利用して、Webサーバーからデ ータをダウンロードするのと差がありません。 どちらも、Google などの検索エンジンを使用して欲しいデータを探し、 データをダウンロードします。ただ違うのは、 Torrent はどの 通信方法よりも効率良くデータを配信することができることで す。

データの配信はとてもコストが高い

インターネットでデータ配信するとしましょう。 例えば生放 送で動画を配信したい場合、どのくらいのコストがかかるでし ょうか? 例えば、320×240 の画面サイズの動画だと、1秒間に50kb程度 の帯域を使用します。任期のある生放送などは、一度に2000人 以上の人が視聴します。この場合、2000×50kb=100mbのデー ター転送が必要になります。 ご家庭にある通信回線は10MB程度ですから、100MBという値 は既に個人で配信できる量ではありません。

低コストでデータ配信が可能な優れもの

Torrentはこれらのコストをきわめて最小化することができま す。Torrentの仕組みを利用すれば、こういったサービスを個人 が提供する事ができます。 Torrent はデータをダウンロードするユーザーもデータの配 信に加わるようにする事でこの問題を解決しました。
当然のことですが、配信に加わるコンピュータが増えれば増え るほど配信できるデータ量は増えます。
例えば、2.5MBのデータ配信を配信するとしましょう。 これ は、同時に50人くらいに配信できます。しかし、これが限界で す。もしも、この50人が2.5MBの帯域をデータの配信に利用し てくれたら、50×2.5mb= 150mbの配信が可能になります。 3000人程度にデータを配信できます。 さらに、この3000人がデータの2.5MBの帯域を利用してくれ たら、3000×2.5mb=7500mbの配信が可能です。これは、15万 人に配信が可能な規模です。
Torrentはこのような仕組みを実際に形にしました。Torrentによ って、データを欲しがっている全ての人に素早くデータを配信 する事ができるようになったのです。
Kyorohiro work
Last modified 3yr ago